賢く生活すれば、お金はあまり使わなくていい。

こんにちは、こくうです。 こくうという名前は虚空蔵菩薩からつけさせていただきました。 菩薩というのは、悟りを開くために修行に励んでいる段階の僧になります。 虚空蔵菩薩は知恵の仏様になります。 現代社会では当たり前のことが見えなくなってしまっていると感じています。それを気づかせる役割ができたらうれしいなと思っています。

お金をかけない防寒対策をご紹介したいと思います

前回はこちら

お金をあまりかけずに風邪を予防する方法

お金をあまりかけずに風邪を予防する方法2"ヒートテック”



防寒ということは寒さを防ぐということ。防ぎ方は2パターンあります。

①暖かくすること。(自体を)
②寒い空気を防ぐこと。


①暖かくすることは、コタツを入れる。暖房を入れる。ということになります。
 すべてに共通なことは熱を発するといこと、ではその熱代が一番安く。効率的に温度を保つものはどれかとい うことです。

コタツは場所を取る。暖房は電気代が高い。

そこでオススメなのが湯たんぽ

電気代と、ガス代どっちがお得なというと、絶対に電気代です。

しかし、湯たんぽに関しては別です。こちらのほうがお得です。
それは、少使用の割りに保温能力が高いからです。

気をつけることはやけどです。

後は、料理を作るです。
火を使いますので、必然的に暖かくなります。
必須作業なので、寒くなれば料理を作るです。




②寒い空気を防ぐ方法は

・室内自体を防寒する。
・皮膚の上を防寒する。


室内でのお金のかからない効果的な防寒方法はこちら


用意する物

・ダンボール
・養生テープ


ダンボールを窓に養生テープで貼り付けます。

外が寒いとよく窓ガラスに水滴がついています。
あれは、外の温度と中の温度の差が激しいためにできます。
窓ガラスにダンボールをかますことによってガラスからの冷機を遮断してくれます。

デメリットとしましては、怪しまれるということ。 笑 
また、室内に光がはいりません。

養生テープを使理由は剥がした時にテープ後がつかないためです。

ガムテープを使用すると最悪なことになりますので気をつけてください。

一番の対策は上記2つのコツを足すことです。そしたらより2、3倍の効果を発揮してくれます。


皮膚の上を防寒することは、服を着ることですね。

おすすめはこちら

①ババシャツ

非常に優れています。

理由はこちら

お金をあまりかけずに風邪を予防する方法2"ヒートテック”

②マスク

防寒着の中で一番効果が高いのはマスクなんです。
これは、昔TVでやっていました。
たしかに、上半身の防寒を徹底するより、こちらをつけたほうが寒さがぜんぜん違いました。

③ネックウォーマー


首も大事です。
室内でも着けているときと、いないときでぜんぜん違います。

基本は、足→首→体が防寒が必要な順番です。

4あったか靴下

冷たい空気は重いため、どうしても足元が寒くなります。
なので足元をあっためる、冷やさない必要があります。

おすすめの商品はこちら


gunzeのあったか靴下



こちら、いままでにない靴下で、中にファーが付いています。
  • 網糸をたっぷり使用
  • クッションパイル
  • 内側やわらか起毛




ルームシューズで暖かいやつはあるんですが、部屋限定の使用になります。なのでもったいない。

こちらの製品は汎用性があり、外でも使用可能のため、足の防寒対策には抜群です。







皮膚の中(体の中)を暖かくするには、やはり暖かい飲み物を飲むのが一番です。


そこで、オススメなのが、お茶です。
コーヒーなどの刺激物や、精製飲料水は体に負担がかかります。
ですがお茶は負担”0”です。

体の中をあっためるのは本当に大事です。
寒さが半減します!

暖かいお茶を飲んでから、水を触るのと、体が寒いときに水を触るのではぜんぜん違います!
お茶を飲んでからのほうがぜんぜんましです。



上記の方法を活用すればお金をあまり使わずに冬を乗り切れると思います。
がんばってください。


読んでいただきありがとうございます。




にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL