賢く生活すれば、お金はあまり使わなくていい。

こんにちは、こくうです。 こくうという名前は虚空蔵菩薩からつけさせていただきました。 菩薩というのは、悟りを開くために修行に励んでいる段階の僧になります。 虚空蔵菩薩は知恵の仏様になります。 現代社会では当たり前のことが見えなくなってしまっていると感じています。それを気づかせる役割ができたらうれしいなと思っています。


選挙にいって税金を間接的に安くする方法

選挙にいって税金を間接的に安くする方法2

選挙にいって税金を間接的に安くする方法3「政権公約とマニュフェスト」

衆議院総選挙特別限定公開記事

選挙にいって税金を間接的に安くする方法4

選挙にいって税金を間接的に安くする方法5

選挙にいって税金を間接的に安くする方法6”増税”



↓ ↓ ↓
まずは応援クリックをポチっとお願いします!

>>>にほんブログ村



続きです。


まず、そこを削るのが先決なのでは?と思ってしまいます。

この無駄使い正直あげればきりがないないです。


天下り、無駄な公共事業、公務員の超厚優遇手当て・・・・

よく増税の引き合いに出されるのが、他国に比べて安いです


たしかに西洋諸国はだいたい消費税は10%~20%が普通です。
デンマーク、スウェーデンに関しては25%あります。


しかし!、社会保障制度が全然違います。
ここを政治家はいわないのです。

なんと、教育、医療等の社会福祉は全部無料なんです。しかも一生。
「ゆりかごから墓場まで」です。生まれてから死ぬまで国が面倒みてくれます。

それなら、税は高くても納得ですね。
ところが日本はどうでしょうか、税金があがっても社会保障は良くならない。逆にわるくなっていってるようにも感じます。


日本=高負担保障です。

はっきりいって、国民の不安は老後なんです


老化現象により、さまざまな機能が低下するは避けられません。
病気になる確率も年をとるごとにどんどん上がっていきます。
ずっと若くは物理的に無理なんです。


60代の人が20代と同じように働けといわれても無理なんです。
前回も書きましたが、医療費は節約しようがないのです。高くても受けないといけません。

ヨーロッパだと、若いうちにバリバリ働いて税金を納めて、歳とってからは国に面倒みてもらおうということなので、老後の心配なんてまったくないと思います。


ですが、これからの日本は若いうちから死ぬまでバリバリ働かされます。そして、高い医療費を捻出するために死ぬまで働かされるのです。


それが今回のTPPに加盟すると現実味を帯びます。

PPに加盟して、国民皆保険は守ることは必ずできません。

そんな意思の強い方はいません。


政治家という人たちは心を持っているのか、良心はあるのか本当に疑います。


これだけは、なんとしても死守さなければなりません。





本日も読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村


 
節約・貯蓄 ブログランキングへ




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック