賢く生活すれば、お金はあまり使わなくていい。

こんにちは、こくうです。 こくうという名前は虚空蔵菩薩からつけさせていただきました。 菩薩というのは、悟りを開くために修行に励んでいる段階の僧になります。 虚空蔵菩薩は知恵の仏様になります。 現代社会では当たり前のことが見えなくなってしまっていると感じています。それを気づかせる役割ができたらうれしいなと思っています。



↓ ↓ ↓
勉強になります。

>>>節約のためになるブログ


住民票とは、(市区町村の住民について個人を単位とし、氏名・生年月日・性別・世帯主との続柄・住所・本籍などの事項を記載する公簿。世帯ごとに編成して住民基本台帳を作成する。  辞書3章)と定義されています。

要は、その市区町村に住んでいる人を管理している帳簿、帳面のことです。

これは、役所が管理している身分証明書ということになります。
身分証明書はどのような時に必要かといことですが、大まかに言いますと他人と契約を結ぶときですね。

身分が分からない人にお金なんて貸せませんよね要は信用を得る為に必要な物です。

さっそく本題に入っていきますが、この身分証明書をどこで手に入れることができるか。




応援ありがとうございます。
にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村



市役所、各支所も敷くは市民サービスセンターでの発行になります。発行手数料は一律300円です。

もう一つの方法は、コンビニ(セブンイレブン)にて発行する方法があります

コンビニで発行するためには、必要な物があります。それが、住民基本台帳カード(住基カード)が必要になります。

BlogPaint


この住基カードは各支所で新規発行可能です。

このカードに色々な付帯機能を付けると、ネットにて確定申告ができたりします。

そもそもこの什器住基カードとは、ICカードで中には、名前と割り当てられたコード番号は記録されています。個人を特定、証明するためのカードになります。

コンビニで住民票写しの発行には、この住基カードに印鑑登録が必要です。これも、各支所で対応可能です。しかも無料でいけます。

準備が整ったら、コンビニのコピー機に行き、操作パネルに行政サービスの項目がありますので、それから住民表の写しが発行可能です。料金も200円ですので、100円安いです。

写真付きだと身分証明書の機能も果たしますので、持ってても損はありません。自治体によっては無償で発行してくれるところもありますので、一度確認してみてください。







にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村


 
節約・貯蓄 ブログランキングへ





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL