賢く生活すれば、お金はあまり使わなくていい。

こんにちは、こくうです。 こくうという名前は虚空蔵菩薩からつけさせていただきました。 菩薩というのは、悟りを開くために修行に励んでいる段階の僧になります。 虚空蔵菩薩は知恵の仏様になります。 現代社会では当たり前のことが見えなくなってしまっていると感じています。それを気づかせる役割ができたらうれしいなと思っています。



↓ ↓ ↓
勉強になります。

>>>節約のためになるブログ



さっそく聖天様とはご存じでしょうか。




応援ありがとうございます。
にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村




仏教の秘密の部分、裏の部分と申しますか、それを密教と呼ばれます。
私見では、密教とは言葉で伝授できないものになるのではないでしょうか。どうしても感覚が伴う、その感覚を伝えるのはできないのです。


それを日本に空海が唐から持ち帰ったものになります。

密教といえば、多種多様な仏像があります。その仏像にも、菩薩・明王・如来・天部 と大別されます。

こんかいご紹介しますのが、この天部の神様、現世利益を肯定されている神様になります。

では、どんな願いをかなえてくれるのか。

どんな願いもかなえてくれます。

しかし、聖天様の信仰は結構生半可な気持ちで信仰しないほうが良いです。ものすごく祟られます。


ですが、ちょっとご利益の話をしたいと思います。


聖天寺院は全国にたくさんあるのですが、今回縁を結んだ寺院が、清洲荒神

ここは、通年祈祷を受け付けています。

私は、恋愛で祈祷を申し込んだのですが、なぜか、申し込んで2週間くらいで、基本給が上がりました(笑)

調べてみると、どうも、開眼には2種類あり、増益法と敬愛法があるそうです。

もしかすると、清洲荒神は増益法で開眼されているのではないかと思われます。


でも、これも、聖天様のおかげさまであると思い、感謝のためお参りさせていただいております。



清荒神祈祷まとめ

3千円  華水供  

5千円  欲油共 一週間 混合欲油

1万円 浴油共 一か月 混合欲油

2万以上円 特別浴油共  2か月 (内容は10000円と異なるそうですが秘仏のため教えれないとのこと)
華水供

聖天信仰の手引き
林屋友次郎
大井聖天堂大福生寺
1960


歓喜天(聖天)信仰と俗信
笹間 良彦
雄山閣出版
1989-08


聖天浴油法―中院
北野宥範
青山社(大阪)
2011-09




スレ利生記

三宝荒神 - 2ちゃんねる






にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村


 
節約・貯蓄 ブログランキングへ






お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック